2020年秋、玉ねぎの栽培スタート

コロナの影響で、去年の玉ねぎは失敗。
週末に実家のある市原に行って畑をやっているのだけど、緊急事態宣言があり自粛で3月から6月まで畑を放置。
栽培日記も放置。
夏くらいから少しづつ市原行って(実家に泊まることはせず、日帰りで)伸びた雑草の刈り取りや、放置したじゃがいもなどの片付けを。

涼しくなったおかげで雑草の勢いも収まり、お片付けも一通り済んだところで秋から栽培を始める玉ねぎなどの種まきをしました。

今後は規模を縮小してやっていこうと。

平安球型黄

平安球型黄_種袋

今年も「平安球型黄」

●萌芽が遅くて、吊り貯蔵中の腐敗も少なく、2月まで吊り貯蔵ができる。
●玉は球形でよくそろい、色ツヤにすぐれた、1球平均280gの中玉。
●抽苔や分球は少なく、作りやすい晩生種。
●草姿は細葉・細首・立性で、密植栽培に向き、吊り作業も容易。

長く貯蔵できそうな品種なのでこれに。

標準栽培適期表

玉ねぎ_適期表

9/27、種まき

玉ねぎ_20200927

畝作って15センチ間隔で横に条撒き、覆土して木の板で圧して種まき完了。

10/17の様子

玉ねぎ_20201017

種蒔きから3週経過。

成長してますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする